カザフのジゲルとの「デイジー講習会・交流会」その1

ちょっと大変な状態でスタートした、カザフ・ジゲルメンバーによる「デイジー講習会・交流会」だったが、終わってみれば、とても有意義なカザフとキルギスの視覚障害者同士が情報交換でき、お互いの心の交流ができた会であったと思う。大変な出だしと言うのは、当初、カザフの3人のメンバーがビシュケクに到着するのは夜の9時~10時ということであった。迎えに西駅に私とNさんは9時半から行っていた。しかし待てど暮らせど来ない。時計は1時になろうとしていた。結局。カザフ・キルギスの国境を越えるのに6時間かかったとのことで、私の家の到着したのが1時半を過ぎていたという出だしであった。次のアクシデントは土曜日の10時半からキルギスから9名の視覚障害者が参加したが、デイジー講習会をするのに、その録音する機器、再生する機器が1台もないとのこと。余り動じない私であったが、これには困った。事前の確認を怠った私が悪いのだが、その状態を報告してこない点字図書館も、困ったものである。結局、話しのみで、講習会を進めた。私の方から、この1年半のキルギスでの取り組みを説明し、「デイジー製作の先輩」であるカザフのメンバーにアドバイスをもらう形で、今回、新しく参加した3名の視覚障害者にもわかりやすくデイジーの現状を知ってもらい、午前中のセミナーを終了。昼食をはさんで、3時までの2時間。私は「カザフの視覚障害者の生活、仕事、年金などキルギスとの違いを知りたいので、説明して欲しい」とデイジーとは関係ないテーマで情報交換することにした。これはキルギス側から多くの質問が出て、大変盛り上がった。最後にデイジーの前の講習会で説明が少なかったAMISのプリグラムの説明をして講習会を終了した。 この続きは次の日に報告します。

講習会の模様(説明をするファルハットさん)

点字図書館でのデイジー講習会

集まった仲間

点字図書館でのデイジー講習会1
スポンサーサイト

コメント

yzzwtru@gmail.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) カザフのジゲルとの「デイジー講習会・交流会」その1

pjsnbce@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) カザフのジゲルとの「デイジー講習会・交流会」その1
doykcocs http://www.gc1u19mp92y240ajs9op5t5136dmdu14s.org/
[url=http://www.gc1u19mp92y240ajs9op5t5136dmdu14s.org/]udoykcocs[/url]
<a href="http://www.gc1u19mp92y240ajs9op5t5136dmdu14s.org/">adoykcocs</a>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター