大会運営の難しさ

キルギス国際マラソンの開催まであと24日となった。日本のマラソン大会であれば主催者側、関係する部署との連携がとれて、それぞれの進捗状況をフォローする段階である。これがである。キルギス初の国際マラソンで昨年夏あたりから準備を重ね、決めるべきことは主催者のIさん頑張って、どんどん決めてきました。しかしキルギスと日本の大会に関する運営方法、考え方の違い がここにきていろいろ出てきました。私はIさんのアドバイサー役で運営に携わっていますが、いろいろな事情があって分からないことが多く出てきました。Iさんも一生懸命に動いてくれていますが、日本側の大会関係者が同じ土俵に乗っていないと感じるようになり、本日Iさん本人、大会実行委員長のMさんと、現状認識、今後の進め方を話し合いました。そこで彼らが苦労しているいろいろな事を聞くことが出来ました。これは一緒に汗をかいている日本サイドに伝えねばと早速、議事録を作成しIさんに送りました。日本からの参加者も20人近くなり、キルギスと日本が力を合わせて、このマラソン大会を成功裏におさめることが、今我々に求められています。

このイシククル湖畔コースを走ることを夢見て

イシククル湖コース
スポンサーサイト

コメント

tgqmwcj@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) 大会運営の難しさ
<a href="http://www.gcskt0i952cm4w5w7e4g3718ap6042oms.org/">axbyqzbmqr</a>
[url=http://www.gcskt0i952cm4w5w7e4g3718ap6042oms.org/]uxbyqzbmqr[/url]
xbyqzbmqr http://www.gcskt0i952cm4w5w7e4g3718ap6042oms.org/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター