素晴らしいお土産話

岡山の竹内さんがキルギスのリハビリテーションセンターの開所式に参加されるもう一つの「お土産話」が出てきた。それは現地の視覚障害児で国内の眼科病院で手術で治る見込みのある者への手術費を支援する話である。この話をキルギスの視覚聴覚障害者協会の私のかつてのカウンターパートナーに現地の今回にキルギスツアーの通訳者Aさんを介して行ったところ、トントン拍子で話が進んだ。何よりも彼らを驚かせたであろうことは「支援される視覚障害児は一人ですか?」という問い合わせに 「何人でもいるだけ支援。手術費は足りなければ募金で集める」と言い切ったことである。キルギスで貧しくて手術代が支払えなくて手術をせずに結局、視覚障害者になってしまう人が大勢いると思う。この様な人たちにとって「夢のような」申し出である。今回も竹内さんの、発展途上国の視覚障害者に対する限りない「愛」を感じて、興奮している自分がいる。

色とりどり


スポンサーサイト

コメント

mnrolam@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) 素晴らしいお土産話
hjsxjkwpoy http://www.gesf78u9w87e2wq64o2sv0k0d2n8503ks.org/
<a href="http://www.gesf78u9w87e2wq64o2sv0k0d2n8503ks.org/">ahjsxjkwpoy</a>
[url=http://www.gesf78u9w87e2wq64o2sv0k0d2n8503ks.org/]uhjsxjkwpoy[/url]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター