アナーラ医師との再会

キルギス滞在、2日目の土曜日は3か所の場所に行き、それぞれの方と情報交換をした。
まずは10時半に会う約束をしていたのが、眼の鑑定をされているアナーラ医師との面談。在任中は眼科の手術機器を草の根無償資金を申請するなど支援したが、その申請が叶わなくなって、その後の活動支援が行われていなかったが、帰国後、キルギスの視覚障害者事情がどう変わったか、また現時点で支援をしてもらいたいものがあるかお聞きした。話としては視覚障害者の数が増え、その原因は、手術機器が少ないこと、古くて手術によって全く見えなくなってしまうケースもあるなど話されたが、私との申請がきっかけで、彼女の申請により、スイスへの支援で国立の病院で手術機器も買え、キルギスの眼科医師がスイスに研修に行くなど大きな出来事があったことが分かった。そして、今必要な機器として「フンドスカメラ」という機器で目の裏側まで見れる機器がありそれがあるととても診断に有効と言う話を聞いた。日本で買うといくら位になるか、今後調べて、可能なら購入支援が出来ないか検討することになった。2年半ぶりにお会いしたが、彼女の前向きな視覚障害者を思う気持ち が変わらないこと、今後共支援しようと思った次第である。

アナーラ医師
スポンサーサイト

コメント

pmmzkxs@gmail.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) アナーラ医師との再会

pjqepha@gmail.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) アナーラ医師との再会

allbaon@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) アナーラ医師との再会
<a href="http://www.gjc23c7b2j7z1n6y5f1g05km136gd5n1s.org/">awjtqtkicy</a>
wjtqtkicy http://www.gjc23c7b2j7z1n6y5f1g05km136gd5n1s.org/
[url=http://www.gjc23c7b2j7z1n6y5f1g05km136gd5n1s.org/]uwjtqtkicy[/url]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター