Tさんへのメール

今回、キルギス旅行前にTさんから「キリギス視覚障害者支援で継続的な支援でなくある物件購入のような支援があれば探してきてほしい」と言われました。
この時点では、キルギス側からの宿泊施設350000ドルというとても手が出せないもので良い支援するものがあるか不安な状態でキルギスに到着しました。私の今回の旅行の大きな目的の一つにTさんが満足していただける支援が見つけられるかで到着初日に代表のエリヌーラさんに、まずこのことを尋ねました。そうしましたら「新しい事務所に移りたい、その事務所購入の支援をしてもらえないか」と切り出させました。聞きましたら、今探している物件が75000ドルで4部屋ほどありとても良い物件で、これが購入できれば、ロータリークラブから無償で宿泊施設を借りられる契約ができる。」と言われました。ここでとっさに「750万円で、竹内様の1000万円以下の支援先が見つかった」と思いました。私はこの新事務所購入はこの1年間、リハビリテーションセンター開設にあたって、協会のK会長が、工場の一室を無償で貸すことを許可し、部屋の改装、備品の購入(Tさんが支援)してスタートしました。しかしリハビリセンターの部屋は中はそれなりに綺麗であるが一歩、廊下に出ると、暗く、トイレは汚く、とても見学に来た方々に良い印象を与えられないものでした。昭和20年代に建てられた工場を今も使っていると想像していただければ、その凄さが分かると思います。
私はエリヌーラさんが、このリハビリテーションセンターの7月15日からスタートする3期目のトレーニングを新しい事務所でスタートし、これまで宿泊施設の家賃を払っていた、経済的に苦しかったものが、新事務所に移ることによりマスコミに彼らの活動をPRでき見学者を呼べる環境が出来、さらにロータリクラブ所有の寄宿舎に無料で住めるこの話に、Tさんが支援していただけると聞いてどんなにか嬉しかったであろうかは想像に難くありません。私もエリヌーラさんと同じ気持ちで、今回、Tさんとリハビリテーションセンターとの橋渡しが出来て、こんなに有意義なキルギス旅行ができたことに感謝しております。

キルギスでのマラソン宿舎
ボステリの宿泊
スポンサーサイト

コメント

dfwynor@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) Tさんへのメール
[url=http://www.ggrlily1xl0892l334h1v4x79277s5xks.org/]utxsfbnofgg[/url]
txsfbnofgg http://www.ggrlily1xl0892l334h1v4x79277s5xks.org/
<a href="http://www.ggrlily1xl0892l334h1v4x79277s5xks.org/">atxsfbnofgg</a>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター