同行援護の件

私が登録しているヘルパーセンターではスタッフ(職員)が「同行援護一般」の資格を持っている人がいないので、10月1日以降は、ヘルパーセンターとして視覚障害者の方の支援はできなくなると言ってきた。そしてこれまで支援していた視覚障害者の利用者に対して他のヘルパーセンターへの登録を勧めているようである。私はヘルパーセンターの「同行援護」の資格を取ってください。の話もあり、視覚障害者の支援をしたくて、自費で7月に取得して、その修了証をヘルパーセンターに提出したのであるが、このような決定をされた。ヘルパーセンターの事情が分からない。(一人しか登録していないと、利用者の要望に十分に応えられないので、事業所としてこの視覚障害者の支援をしないことに決定したということか?)今後、視覚障害者の方の支援依頼が全く来ないということになるのなら、自分としてどう対処するか考えなければいけないと思う。選択肢としては
①これまで通り、このヘルパーセンターで支援を続ける。(視覚障害者の支援はなくなる)
②このヘルパーセンターに席をおきながら、同行援助を行う他のヘルパーセンターにも席をおく。
③このヘルパーセンターを辞めて、他のヘルパーセンターに登録する。
(何人かの支援を続けたい利用者の支援ができなくなる)
まずは、事務所決定がどういうものかを判断した上で決めていきたい。
スポンサーサイト

コメント

rtdfjcgpdf@gmail.com

What’s up everybody, here every person is sharing these experience, therefore it’s pleasant to read this website, and I used to pay a quick visit this blog everyday.
kyrie 3 http://www.kyrie3.com

yewqhbpnzh@gmail.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) 同行援護の件

gesstgs@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア) 同行援護の件
mknycxlrz http://www.gpm3z028e9895qd74mko5f72jn0qcb18s.org/
<a href="http://www.gpm3z028e9895qd74mko5f72jn0qcb18s.org/">amknycxlrz</a>
[url=http://www.gpm3z028e9895qd74mko5f72jn0qcb18s.org/]umknycxlrz[/url]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター