ファンケル様の従業員の寄付活動「もっと何かできるはず基金」の寄付金の使途に関して担当者の方から下記方向で進めることの許可を得た。その内容は
① マッサージルーム開設への什器備品購入内容:首都ビシュケクの病院(ファミリーホスピタル)にマッサージルームを開設する。目的は医療アカデミー(視覚障害者の2年制マッサージ学科)の卒業生をここで訓練する。彼らはここで経験をつみ、仕事を見つけます。
このサロンに必要な備品装備(概要)は下記です。
・マッサージテーブル 300ドル ・手を洗う洗面シンク 200ドル ・ハンガー、壁キャビネット 400ドル
・ヒーターエアーコン 400ドル ・医療ソファー  500ドル ・パソコン備品  160ドル
合計1960ドル(20万円) このマッサージルーム開設は、医療アカデミーを卒業した視覚障害者(毎年10名ほど)が その道で就職するために、このマッサージル
ームでお客をとり、経験をつみ就職の機会を得るために必要とされていました。現在、開設へのスケジュールを確定するようキルギス側にお願いしています。支援する相手が近くにいないことは、何かと不便ですが、メール、スカイプでフォローを十分に行うこ

とにより 「支援して良かった!」 とファンケル様に言っていただくように頑張ります。

ファンケルさん
スポンサーサイト

コメント

ifuuuqu@outlook.com

キルギスとの架け橋(元JICAシニア海外ボランティア)
znotejqfm http://www.ge90lyv8m188k2c7iez48t2f5cic6424s.org/
[url=http://www.ge90lyv8m188k2c7iez48t2f5cic6424s.org/]uznotejqfm[/url]
<a href="http://www.ge90lyv8m188k2c7iez48t2f5cic6424s.org/">aznotejqfm</a>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター