キルギスでのリハビリテーションセンターの運営

私がキルギスのリハビリテーションセンターの運営に関して、その代表者のEさんにメールを送ったところ、彼らの資金獲得の為の悩み、苦労のメールが返ってきた。実は岡山の竹内様がこのリハビリテーションセンターの新事務所購入に支援していただいた時にその時点では韓国のある財団が運営費(生徒の寄宿費用等)を支援していただいていたが、継続して支援していただくことが駄目になった。そこでアメリカ大使館に助成金申請を行ったがその決定が延び延びになって現在に至っている。言葉で言うには簡単だが「公の機関からの助成金」はキルギス政府とかの場合であれば、継続的にいただくことは可能かと思うが、それ以外の場合はその助成金が打ち切られてた時点で運営困難になる。安定的運営基盤を作ることが急務となる。

新緑の多摩川
新緑の多摩川


スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター