「マリス」で国旗作り

本日は国際視覚障害者援護協会で 「マリス」のワークショップを行うとのことで夕方の5時半から6人の視覚障害者留学生が参加しました。「マリス」の考案者の高橋りくさんの説明を聞いて、実際に国旗に小さな色のついた砂を「ポニョ」と呼ばれる接着剤の上に乗せる作業に挑戦しました。この日のために昨夜、徹夜して「マリス」のスタッフが「キルギスの国旗」の下絵を作ってきてくれたのですが、キルギスのシリンさん、アクモールさんは他の国の国旗を作るように言われ、キルギスの国旗はニャンマー、ベトナム、ナレーシアの留学生が挑戦しました。短い時間でしたが、皆、一生懸命に「マリス」での絵画作成に参加していました。全盲の彼らにとって小さな砂を接着剤の上に並べながら置く作業は難しいのですが、良い経験になったと思います。

シリンさんは日本の国旗、アクモールさんはブラジルの国旗にチャレンジ
国旗作り
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター