秋募集の応募状況

本日、秋募集の応募状況が発表された。シニア海外ボランティアとしては要請数289に対して応募が681 倍率は2.3倍である。私が応募した「 障害児・者支援」は要請数12に対して応募者は34で2.8倍である。通常、1次試験で半分が落ち、2次試験で更に半分が落ちている。私が応募したセルビアに何人の方が応募しているかは分からないが、発表の12月9日に1次試験の結果が出る。自分としては要請されている「知的障害者の作業所での経験」がないので、そこで振り分けられるとすると落ちる可能性も半々である。それで落ちたら仕方がない。しかし気持ちとしては、この1ヶ月の間、関係する本を読み、実際に作業所でのボランティア経験をいくつか行う中で、自分なら「支援出来る」という確信が出来ている。そして、そのキーとなるのが「相手とのコミュニケーション」であることは確実である。つまるところ、英語ではダメで、セルビア語が話せなければ仕事が進まないという現実が見えてきている。そして、まだ何も決まっていないが、少しずつ語学の勉強を始めている自分がいる。
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター