出前講座の打ち合わせ

本日、港区のK中学校に一緒に出前講座を担当するアフリカのセネガルの元隊員と行ってきた。彼女も私と同じ1月に任期を終えて帰国したようで、このような出前講座も初めての経験だと話されていた。出前講座の事前打ち合わせの必要性は、相手の学校がどのようなことを話してほしいのかを知ることと、話す場所での持参したPCとかが借用するプロジェクターでスクリーンに映し出せるのか、音声は後ろまで聞こえるのかと言った確認である。本日、最初お借りした、学校側のPCがうまく動作しなかったので、持参したPCでデモストレーションし、本番もそれで行くことを確認した。この時期、卒業を前にした三年生に、海外の発展途上国の問題を考えてもらったり、それらの国の生活、そして2年間のボランティア生活で経験したことがらを生の声で伝えること。中学生にとって彼らが社会人になった時に、この出前講座が彼らの発展途上国でのボランティアを志してくれるきっかけになったら嬉しい。そんな気持ちで出前講座をやりたい。

会場の様子
K中学校部屋
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター