キルギスマラソン その4(絵の競作)

マラソン大会終了の次の日、ビシュケクへのバス発車まで1時間と少しあったのでスケッチブックと色鉛筆、細ペンを持って、ホテルの前の通りに出ました。右に行くと、イスラム教の寺院(ミチェット)があり、キルギスらしい風景なので道路の反対側に座って、最初は鉛筆で次に細ペンでと描きあげました。時間はまだ40分ほどあったので、イシククル湖畔の観覧車を望む公園の前で2枚目です。今日も快晴で雪をいだいた7000m級の天山山脈がくっきり見え、構図を決めて描き始めました。しばらくして、今回応援で参加したムルランさんが横に来て「描かせて欲しい!」と言うので、スケッチブックの最終ページを取って渡しました。彼は熱心に「鉛筆」のみで描いていて、描き終わったあと「上げます」ととても満足した様子。絵が好きなのですね。

私の絵(上)と彼の絵(下)いかがでしょうか?

スケッチボステリ

イスラム寺院

ミチェット
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター