1年がかりで日本語を教える!

私はこのJICAボランティアでキルギスに来る前、「国際視覚障害者援護協会」という社会福祉法人に3年間、働いていました。この協会はアジアの発展途上国の視覚障害者を日本に招致して、日本の盲学校で「あん摩、マッサージ、ハリ」を学び、3年後、自国に戻りその国のマサージを広めていく人を育てる事業を行なっています。私はこのキルギスにおいても、この協会に送れる人がいないか、カウンターパートナーに話をしていました。そんな話に一人の視覚障害者の青年が「行きたい!」と申し出てきました。私は援護協会にこの話をしましたが、今まで「キルギス」から一人の応募もないので、「難しい」との返事を貰いましたが、まずは今年、申請して1年がかりで、日本語を私が彼に教えて、来年の申し込みにて、合格できるよう支援することにしました。私は、ここへ来て「日本語クラス」をほぼ1年、視覚障害者の方を教えてきましたが、それは「簡単な挨拶、自己紹介ができる」そう言うレベルで十分でした。しかし、今度は違います。「みんなの日本語」というテキストを使って、一から教えていきます。この日本語クラスは彼のアルバイトが終わる5時半から7時までを、火、水、土の3回行ないます。一緒にナジーラさんもやりたいというので二人の生徒との「日本語クラス」です。それなりの覚悟をもって、やり抜きたいと思っています。

教材の「みんなの日本語」
みんなの日本語001



スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター