点字図書館長の思いもよらない動き

デイジー普及のために、思いつくことはなんでもやっている訳ですが、ここに来て、デイジー普及の窓口、推進役の点字図書館、館長さんが思いもよらない動きをし始めました。それは、「デイジー推進委員会」での発言にも現れていて、「デイジー図書を必要としているのは、墨字の全く読めない1級の視覚障害者、その1級の視覚障害者の大学生を調べて、デイジーの説明会を開催してはどうか」と、そして本日、事務所に行くと「これからマッサージの学生の大学に行ってデイジーの話をしたい、一緒に行って欲しい」とのこと。勿論、断る理由はない。一緒にその医療大学の寄宿舎の一室に行った。そこにマッサージを勉強する視覚障害者学生が7名ほど狭い部屋で待っていました。館長のジュマバイさんの説明のあと、「点字図書館がどこにあるか分かりますか?」と彼が聞きましたら1人だけが手をあげました。館長さんもショックだったと思うが、点字図書館が積極的に学生達に点字図書館をPRすることは今までなかった。今回の「デイジー普及」への取り組みが視覚障害者学生の点字図書館への関心に繋がればと思いながら、今後、ここの学生との交流を進めていこうと思いました。

説明をするジュマバイ館長(向かって左)

ジュマバイさんと盲学生
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター