障害者開発センターのメンバーとの会合

本日、4時半にリソースセンターに「障害者開発センター(ナジックス)」の3人と会うために協会を4時に出発、マルシュの213番に乗ったのだが、降りる場所を間違えてそこからかなり走る。(まだマルシュには慣れていません)。今日は「ボランティア週間」でこのグループが小学校を訪問して、どういうイベントをやるかで、私が日本から持参したDVD、「四谷小学校での視覚障害者擬似体験」のビデオを見せて欲しいとの依頼があったからです。このDVDは昨年の11月にアキレスの視覚障害者5名と伴走者5人が四谷小学校に行った時に、私が「キルギスで役に立てれば」とビデオを撮ったものです。ナジックスの方は、皆、車椅子の方で、もう一人視覚障害者のライシャさんも加わってビデオを見てくれました。彼らにとって普通の小学校で、このような小学生との触れ合いをすることはないそうで、私は「障害者が自分の体験を語ること。子供たちが障害者に声をかけ、実際に一緒に歩く経験が大事」とアドバイスしました。ライシャさんも「このような企画をすることは素晴らしい、是非やって欲しい」と言ってくれました。最終的には彼女達が考えます。少しでも役に立てれば良いですね。

ナジックスのメンバーと

ナジックスメンバー
スポンサーサイト
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター