グルムさん滞在2日目

本日は文化放送の「くにまるジャパン」にグルムさんが出演するということで、待ち合わせの9時15分、浜松町駅に向かいました。途中、電車事故で遅れましたが、何とか遅刻せずに到着し、文化放送のロビーに行き、グルムさんたちと会いました。グルムさんとは3か月ぶりに再会。元気そうで安心しました。外で待つのかと思いましたが、中に入れてくれて、打ち合わせにも参加。今回は過去2回とは違い、10時~1時45分の間に3回の出番があり、浅野さんのギターによる生演奏ありで、本当にグルムさんのトークと歌で盛り上がりました。番組中に私に問い合わせの電話が何本も来て、この番組の反響は嬉しい悲鳴でした。番組終了後は目黒のなじみの料理屋に行き、慰労しました。

くにまるジャパン2017
スポンサーサイト

グルムさん来日!

本日、昼近く、無事、成田空港に到着しました。仲間からラインで元気なグルムさんの姿が送られてきました。いよいよ明日からの10日間、日本での5つのコンサートが待っています。まずは、一つ一つ、こなしていくこと。グルムさんの体調を気を付けて、無事、帰国されることを願って行動していきます。明日は、文化放送の「くにまるジャパン」に10時~12時の間、出演します。グルムさんの美しい歌声が聴けると思います。

グルムさん来日

ピンチをチャンスに!

10月10日に群馬コンサートの主担当者に集客数を確認したところ、20人と答えました。それが、その日のうちにキャンセルが多数出たと7人になったと言ってきました。私の群馬の走る仲間は4人来ると言っていましたので、合わせても11名です。当初、50名は集めたいと思っていたのでショックでした。この事態を招いたのは私が、主担当者にまかせっきりで、開催10日前になって、この事態を知ったと言うわけです。そこで、開催までの10日間でやれることを自分でやろうと思い、
①群馬盲学校の知り合いに電話→当日、運動会で参加不可
②地元新聞:上毛新聞に電話→新聞の記事に載せるには2週間前に原稿を依頼すること→10日前で不可
③群馬の走る仲間に、再度呼びかけ、参加できる人がいないか?メールを出す。
④知的障害者の方も参加してよいかと、群馬の仲間からの問い合わせがあり、これも参加者を増やす一つと、参加料無料で来ていただくことを了承。
⑤日盲連の群馬支部である「群馬県視覚障害者福祉協会」に電話をして、会員にコンサート開催を呼びかけてほしいと要望
→協会の担当者より「10月19日の会員の集まりがある。200部チラシを送ってくれれば、会場で全員に配布する」との
電話があり、全国版を送っても良いが、群馬コンサート用に作った方がインパクトがあると判断した。。
今回のことは「ピンチはチャンス」で、ピンチをどう打開するかで、いろいろ動いた結果で、いろいろな方に来ていただけそうで
今から楽しみです。

10月の花1

群馬コンサートでトラブル発生。

今回、群馬コンサートはグルムさんを支援する仲間からの申し出で、行うことになった。全て集客から会場予約までお任せして、タッチしなかったが、ここにきてどのくらい集客できているか聞いたところ、キャンセルした方が多く出て、10数人しか来ないことが判明した。せっかく群馬まで行って、ガラガラの聴衆では、何とも残念としか言いようがない。ここは私として出来ることをぎりぎりまでやるしかない。まずは地元紙の「上毛新聞」にコンサートの開催の記事を載せてもらうこと。ここに力を注ぎたい。そして、もう一つ考えたのが「群馬盲学校」の生徒さんを招待して無料で来てもらう。しかしこれは、当日、盲学校で運動会とのことで、無くなった。他に集客でやることはないかなー?

10月の花4

両足痙攣一歩手前で辛かった!

本日、キルギスチーム7人で「東京夢舞マラソン」に参加した。今年で5回目の招待選手国「キルギス」チーム。9時半に四谷中学校をスタート。5キロまでは全員で一緒に走りましたが、グーリャさんという女性が、ゴールを目指したいと言うので、それからは一緒に走りました。とてもしっかり走られ、常に私の前を走るのには驚きました。2回ほどコンビニにより食事をとりましたが、温度も上がり、スタートからかぶったキルギスの民族の帽子「カルパック」は汗でびっしょり、途中で普通のランニング帽子に変え、水をかぶりながら走りました。しかしゴール前5キロになった時、両足の脹脛が痙攣一歩手前の状態になり何度も屈伸を繰り返し、何とか4時40分ほどにゴールしました。しんどかったです。私は、この日サイドバックの後ろに「キルギス国旗」をつけて走りました。何人かの方から「キルギス人ですか?」と声をかけられました。グーリャさん、ゴールしてもピンピンしてました。「マラディエット!」(キルギス語で「よくやった!」)

キルギスチーム

よこはまフェスタに参加!

先週に引き続き「シニアボランティア経験を活かす会」で出展のブースに手伝いに行った。天候が朝方、雨が残っていて危ぶまれていたが、どんどん快方に向かい午後は多くの方が会場に訪れた。ブースの中では、私が3年前に行った、その国の紹介、ボランティア紹介が2組行われた。また「クイズでコインゲット」という子供相手のイベントも行い、多くの子供たちが集まって、コインをもって帰ってくれた。このブースに「グルムさんのコンサートチラシ」を置かせてもらい、配ることも忘れなかった。先週に引き続き「シニアボランティア経験を活かす会」で出展のブースに手伝いに行った。

よこはまフェスタ

グルムさん来日まで1週間を切る。

グルムさん、来日まで1週間を切りました。やるべきことは一杯あるのですが、なかなか進みません。今日は会場で配布するプログラムの作成に取り掛かり、川崎と茅ヶ崎のコンサートを主に作りました。歌う楽曲も決まり、点字版も作成しました。特に川崎の会場は「川崎市視覚障害者情報文化センター」を使用するところから、3割近くは視覚障害者が来ていただけることを期待しています。これからは募金箱、CD販売、民芸品の販売の準備に取り掛かります。

10月の花3

JICAの秋募集説明会にて応募支援

昨日、浦和の埼玉会館でJICAの秋募集の説明会があり、「シニアボランティア経験を活かす会」の説明員として参加しました。やったことは・18時半から、会場に来られるシニアと思われる方に、「帰国報告会」のチラシを配布。10人ほどに配布。19時開催時には会場には30人ほどの方が集まりました。・今回から実施されるWebによる応募の説明を会場後ろで聞いていました。
対応したシニアの募集希望者との対応で3名程、行いました。
①語学(英語)のレベルが心配な方(男性):教員をしていた方で今回、数学の教員の応募をしたいが現在、英検3級を取れたが、要請はBランクが要望されていて、どうしたらよいか?
→語学の条件は証明したものを添付することが義務付けられているので、そのレベルに達するよう1年かけても頑張ってほしいとお願いしました。
②行きたい職種が見つかったが、健康面で心配がある。(女性):この方は観光、ホテル業の人材育成の仕事がしたいとのこと。英語レベルはAに近い。何よりもポジティブに考える方で具体的に応募用紙の書き方を指南した。健康面での心配ごとは、まずは応募に必要な健康診断を受けてその程度によって、落とされる場合もあるが、トライしてほしいとお願いした。
③今回、行きたい要請が見つからない。現在、ある海外支援のNGOにボランティアで参加している。(女性)
→要請は追加があるので、時々チェックしてほしいこと。今、関わっているNGOでまずは頑張られて次の春募集にトライするとかされたらどうか?とても前向きな明るい方でしたので、そのようなアドバイスをさせていただきました。
「帰国報告会」のチラシをお見せして、是非、聞きに来てほしいと皆様にお願いしました。

10月の花5


以上

グルムさん来日まで10日間

あっという間に、グルムさん来日まで10日間となった。寄付金のお願いでは送った依頼手紙の1/3の方から寄付金をいただいた。収入源の、CD売上、募金箱、民芸品の販売などがどのくらい入るか?不安な気持ちはあるが、望むのは、多くの方がコンサートに来ていただき、グルムさんの美しい歌声を聴いて喜んでいただけることのみである。これからの10日間、当日配布のプログラムのチラシを作るとか、各会場にて販売する、CD等の準備である。しっかり準備して、グルムさんを迎い入れたい

キンモクセイの花
10月の花2

私の似顔絵

お台場で開催されているグローバルフェスタの最終日、快晴の中行われました。本日も多くの方がブースに立ち寄ってくれました。私は、シニアボランティアに応募したいという方の相談を何人かの方の対応をしました。そして、午後、3時、私たちのブースの近くで「似顔絵」を書いてくれるところで、私のカルパック姿(キルギスの民族帽子)を書いてもらいました。1000円を支払、書きあがったものを見せてもらった時の感想は「兄貴と似ている」です。要は私の顔に似ていました。さすがプロですね。記念に書斎に飾っておきます。

似顔絵

キルギスブースがあれば良いなー

お台場でグローバルフェスターが開催され、我がシニアボランティア経験を活かす会は入口から近い場所に一つのテントをあてがわれた。朝9時半に全員集合して、写真の飾りつけ、国旗当てクイズの準備などをして10時スタートでお客様をお迎えした。午前中に、一通り、各ブースを見て驚いたのが、アフリカ、アジア、南アメリカ、沢山の国のブースがありそこに派遣された協力隊がその国の紹介と物品販売を行っていた。その中に「キルギス」のブースはなかった。寂しい限りである。フェースブックで「キルギスOB会」はありますが、このようなフェスティバルで「キルギス」をアピールできれば、もっともっとキルギスを知っていただけるのに・・・・
何とかしたいと思っている。

グローバルフェスタ2017

モンゴルのニャマフーさん、合格!

筑波大学付属視覚特別支援学校を4年前に卒業したモンゴルのニャマフーさんが筑波技術大学の大学院の入試の発表が今日あり、見事、合格した。心からおめでとうと言いたい。彼女が大学院の入試を希望した主な理由は、キルギスでも同じだが、日本の盲学校を卒業し、あん摩、鍼、灸の国家資格を取っても、自国では大学を卒業していないと「鍼」が出来ないという。そこで、日本の大学院を出るとその「大学出」の資格がもらえるという。他にもいろいろな理由があると思うが、彼女の入試の手続きを引き受けた。これからが大変だと思うが、頑張ってほしい

9月花2

人身事故で出前授業遅刻

本日、8時25分に新宿駅で本日のペア授業の相手のJさんと会うために、7時に小作駅に行った。そこで中央線で人身事故があり、中央線の上下線が止まっているとのアナウンスがあった。9時20分から行われる天神小学校、1年生への「キルギスの楽しいお話」に間に合うか?拝島駅に到着した時、中央線が動き始めたとのアナウンスで、そのまま、乗り続けることにした。しかhし立川についてもノロノロ運転。新宿駅に着いた時間は9時10分。「遅刻」である。交番で「新宿6丁目」まで走ったが、何度か道を間違え、小学校のクラスに到着した時は授業スタート、15分後であった。汗びっしょりで、そこから授業に参加した。何とか終了したが、二度と同じ目には会いたくない。

Jさん
天神小学校で

キルギスは知られていないなー

本日、キルギスの「キルギス盲人連盟」に送金しようと、青梅中央郵便局に行きました。窓口に送金のための書類を提出して、待っていると、いつもより時間がかかるなーと思っていると係員から呼ばれました。「すいません!キルギスとキリバスを間違えてしまい、やり直しをします」と言われた。「え!」って絶句してしまった。キリバスはインターネットで調べるとオーストラリアに近い太平洋上の島国。キルギスと同様にこの国名を知る人も少ないと思うが、「キルギス」をもっと日本人に知ってもらいたいと思っている。グルムさんが日本とキルギスの懸け橋になってくれたら嬉しい。

9月花3

キルギスの視覚障害者団体、新しい動き

本日、キルギスの視覚障害者Gさんからメールが届いた。
これまで私はキルギスにおいて視覚障害者のリハビリテーションセンターを立ち上げた「エンパワーブラインド ピープル」を支援してきた。しかし、この団体の代表,Eさんの不正を追及する裁判を行っている。そんな関係でリハビリテーションセンターでの活動はこの1年間、ストップしていた。そんな中、キルギスの視覚障害者の仲間が「キルギス盲人連盟」を新たに立ち上げ、8人の視覚障害者への訓練を9月から始めている。本当は支援したリハビリテーションセンターで、これらの活動が行われるべきであったが、そうはいかなかった。そこで新たな支援が始まった。この訓練の5人の教師に対する給料を私と岡山のT氏とで行うことになった。6か月の訓練で約6000ドル。私はその半分を負担。2回に分けて送ることで何とかやりくりをしている。この支援はまず今回の訓練1回のみとして、次回以降は彼らにお金を稼ぐ事業の立ち上げを考えてもらう。

9月花5

キルギスの全盲トライアスロンランナーが銀メダルをゲット

3年前、キルギス国際マラソンで私が伴走した24歳のジャラルディンさんから、ビシュケク チャンピオンシップ(トライアスロン)で一般に混じって、銀メダルを獲得したとの朗報が届いた。私が先月、プレゼントしたスイムウェアを着ての快挙である。今年の5月、イタリアでのトライアスロンで銅メダルを取って、「もっと上のメダルを目指して!」とエールを送ったが、頑張っている。彼は2020年の東京パラリンピックで水泳の部でキルギスの強化選手に選ばれており、目下、トレーニングに 励んでいる。そして私は次のメールを彼に送った。
・・・・・・・・・・・・
おめでとうございます。
銀メダルを取ったのですね。素晴らしいです。
次に目指すのは金メダルですね。
頑張ってください!

トライアスロン大会1

今年も東京夢舞マラソンにエントリー

今年もキルギスチームで東京夢舞マラソンに参加する。10月8日開催で、主催者の大島さんから「5人は招待するよ」との言葉に、毎回、キルギス人の取りまとめを行っているアセーリさんに、メンバーを集めてもらった。結果は8名で「キルギスチーム」を作った。日本人は私だけである。開会式で招待選手は一言挨拶をアセーリさんがしてくれるが、この大会も「日本とキルギスを繋ぐ架け橋」になっている。グルムさん来日の4日前であるが「キルギス」をPRしながら走りたい。

昨年の雨の中の開会式で
2016年夢舞

グルムさんコンサートへの寄付金が集まってきています。

8月27日に伴走MLにグルムさんコンサートに対する寄付金のお願いメールを出しました。また、2年前のキュリアンでの「日本とキルギスを繋ぐ友好チャリティコンサート」の時に支援していただいた方々への手紙送付(約90人)も行いました。その結果、「キヤルキキン」への寄付金が入って来ています。当初、寄付金の合計を20万円を目標にしました。「難しいだろうな?」という気持ちでしたが、「キヤル基金」のお金と自分のお金で、このコンサート運用資金(60万円ほど)をまかなうのは、無理と判断して、寄付金集めを始めました。お陰様で、1か月を待たずに、27名の方から寄付金を振り込んでいただき、目標を本日、達成しました。引き続き、目標を25万円にアップして、グルムさんの来日する10月12日まで受け付けたいと思っております。この場をお借りして、これまで支援していただいた方々にお礼を申し上げます。本当に有難うございまし

9月花4

パソコンを交換して1週間

これまで使っていたB5タイプのパソコンの操作に時間がかかるようになったので動かなくなる前に交換しようと、ネットオークションで約1万円で購入したNECのパソコンにデータを移して使い始めた。動きは良いのだが、Windous7で、前と同じようにアプリケーションが動くかというとそうでもない。特にスカイプでは、相手の声は聞こえるのだが、こちらの声はマイク端子に外付けのマイクを付けないと相手にこちらの声が伝わらない。などなど、問題は発生するが、良い面もあるので、今後、使っていきたい。

ディスクトップの画面
パソコン画面1

敬老の日

本日は敬老の日、敬老の日は自分の母が対象だと思っていたが、孫が出来ると、私がその対象になってきます。昨日、息子夫婦が孫2人を連れて我が家に来て、孫の縁太郎が保育園で作ったプレゼントを私にくれました。黄色のプレートには「5,9,11,」と数字が読み取れる。「もう5歳、数字が書けるようになった!」と今、自分の机の前に飾っている。6か月になった孫の雫句(しずく)の>成長も楽しみである。

敬老の日



プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター