第25回かすみがうらマラソンに参加!

第25回かすみがうらマラソンに昨日、参加した。もうかれこれ6年ぶりかもしれない。キルギスに行く前、視覚障がい者Oさんの伴走で4時間を切る伴走をした。今回は盲ろうのYさん。二人の伴走であったので5キロおきに伴走を交代した。今回、初めてであったが、視覚障がい者は先頭からスタートできるとのことで数万人の参加者の一番前からスタートできた。天候はそう暑からず、時折、小雨が降る中、Yさん途中まではキロ6分で行ったが、後半は失速してタイムは5時間25分。それでも歩くことなく頑張りました。実はこのタイム。私の単独での初マラソンで出したタイムと同じ。この時のマラソンがきっかけで 「伴走」の世界に入ったのである。

かすみがうらマラソン

スポンサーサイト

ベアリス30KM in 熊谷

先週の日曜日に引き継いで、群馬のハマコウさんの伴走で熊谷での30キロ走に参加しました。ゼッケンを受け取ると「目標ペース 7分30秒/キロ」と書いてある。これはハマコウさんが応募時に申請したものだと思うが、彼の実力からすると5分30秒/キロでしょうと思いながら、前半は抑えて、後半頑張るという彼の作戦で臨んだ。このコース、5キロを6周するもので、ところどころにアップダウンがあり、半分の15キロ過ぎたあたりから足が重くなり、残り5キロの5周目が終わったあたりから、かなり辛くなってきた。それでもゴールタイムは3時間4分52行ということでほぼキロ6分と言ったところであった。久しぶりに辛いレースでしたが、最後まで吊らずに、伴走できたこと。嬉しかった。年内は彼との伴走はないが、来年の2月15日は同じ距離の「青梅マラソン」しっかり準備して、良い記録を目指したい。

熊谷で30Kレース

アキレス臨時練習会

本日、台風が迫る中、航空公園にて30数名の方が参加してアキレス練習会が行われました。待ち合わせの9時15分に駅に集合し、皆で航空公園の着替えの場所へ移動しました。今回、MXテレビが11月29日に放映される、番組の収録を行うということで二人のスタッフの方が来てくれていました。伴走の初心者の方に、伴走の手ほどきをし、実際に公園内を走ってみるという設定で、伴走者に日向さん、ランナーにK川さん私が伴走指導をすることになりました。伴走者のHさんは、これまで3回伴走したことがあり、伴走上の注意事項を、守りながらしっかりK川さんを伴走されていました。最後、3人にインタビューされたのですが「伴走は難しいことではない。経験を積むことで、誰でも伴走が上手になります。是非、多くの方に伴走をして欲しいです」ということが伝えられたと思っています。
久しぶりのアキレスの練習会で大雨の中、皆さん、日頃走れない鬱憤を晴らすように頑張って走られていましたね。練習会終了後は、定番の「餃子満州」での食事会となり久しぶりに楽しいひと時を過ごすことができました。そして遠く小田原から来られたSさんのお元気な姿も見せていただきました。この臨時練習会を企画されたOさんご苦労様でした。

インタビューを受けるHさん
インタビュー

青梅マラソン申し込み

本日は12時より青梅マラソンのインターネット申し込みの最終日です。19日より始まっていましたが、時間が取れずに、今日の最終日にかけることに。実はこのエントリー、群馬のHさんの代理エントリーで、もしエントリーできれば彼の伴走で私も走れるという手はずになっています。この5年ほど、キルギスに行ったりで参加していませんでした。何とか、インターネットの入力競争に勝って走れたらと思っています。

コスモス

荒川土手をLSD

日曜日、小雨が降る中、Hさんの伴走で走りだした。本日は伴走サークルのメンバー12人と一緒に、墨田区総合体育館に荷物を置いてのLSD、目標は30キロを走ること。昨日はとても暑かったのですが今日は一転、涼しい小雨模様。最初は高速道路下にある堅川公園を走って、荒川の土手にたどり着いた。最初、荒川の下流に向かって走っているのかと思っていたら、上流に向かって走っており、皆で隊列を作ってゆっくりペース。途中、雨も上がって、風が気持ち良い。昼食はコンビニでとのことで、コースアウトして商店街に行き、「槍だんご」なるものを頬張る。15キロほど行ったところで、Uターン、もと来た道を走って墨田区総合体育館に戻った。施設内でお風呂に入り、出た後のビールの味は格別でした。また走ってみたいです。

LSD.jpg

藤原湖マラソンに参加

今年も恒例の藤原こマラソンに参加してきました。総勢19名、いつもより少ない人数でしたが新しく参加された方が半分ほどいました。天気は土日と良く、宿に着いてからの近くの練習コースでのランニング、前夜祭の花火大会は雨にも合わずに、見事に花開いた、花火に歓声をあげました。さてマラソン大会当日、私はサブ伴走ということで、視覚障害者Nさんと伴走者Tさんと一緒に走りました。ペースはゆっくりでしたので周りの景色を楽しみながら走りました。終わってからは宿に戻って一風呂浴びて、カレーライス御代わりの楽しい二日間でした。今回は幹事ではなかったので、気楽な気持ちで参加できました。並木山荘のおばちゃんも元気で、また来年の再会を約束しました。

藤原湖2014マラソン

東京マラソン2014を走りました。

本日(2月23日)、東京マラソンの応援、ありがとうございました。スタートしてからすぐに沿道のバンバンの旗を見かけ、声援を受けました。今回は女子視覚障害者のIさんの伴走で、気合を入れて いましたので、ほとんど振り向かず前ばかりを見ていたので、声援に応えることが出来ず、すいませんでした。今回はEゾーンの前に方からスタートし、スタートラインを越えたのが号砲3分後くらいだったと思います。比較的、流れに乗って走れ、5キロを26分ほどで通過し、それからほとんどイーブンで53分と少しで10キロ、ゴールしました。結果はこれからですが、メダルをプレゼントできると良いですね。あの混雑した中、このタイムで自己新を出した、彼女にに拍手です。

Iさんと走り終わって
東京マラソン2014

お台場駅伝に参加しました。

本日(26日)、お台場にて視覚障害者の部で2チーム参加。今年から出きたとのことで是非、参加しましょうとのことで、私は視覚障害者のKさんの伴走で走りました。天気は良く、少し暑いほどで気持ちよかったです。第3走者として4キロを走るのですが、最初からキロ4分半ほどで飛ばすので「キツイ!キツイ!  」年々走力は落ちてはいるが、何とかスピードダウンせずに最後タスキを渡すことができた。結果は視覚障害者の部では1位であったが参加シームは2チームであったので、賞はなし。「特別賞」と言うことで賞状をいただけた。参加賞はお菓子類を沢山いただけた。駅伝が楽しいのは、仲間と襷をつないで走ることで、これからも声がかかったら参加したいです。今は筋肉痛でーす

お台場駅伝

2014年初ラン

1月3日、少し膨らんだお腹を戻すために、箱根駅伝の総合優勝とシード校を見届け、今年の「初ラン」に向けてマイコース、14キロを走り出した。この三ヶ日、天気は快晴であり、3ヶ月ぶりのこのコースに胸が弾んだ。前に走った時は紅葉の始めであったが、今は枯野と化し、落ち葉を踏む足音が「サク、サク」と気持ち良い。今年1年、怪我をせずに伴走が出来ればと願いつ走りきった。

マイコース
2014年初ラン

第75回奥多摩渓谷駅伝に参加

ひょんなところから走ることになった奥多摩駅伝。8時に集合場所の青梅市市役所に集まったメンバーと初顔合わせ。私は第3走者ということで古里駅前から奥多摩駅までの6.6キロです。天気は快晴で気温も暑くなく寒くなくの絶好のマラソン日和です。とてもハイレベルの駅伝でキロ4分で来ないと繰り上げスタートで、私も白襷を受け取って、10数人で一斉にスタートした。ほぼ後ろからのスタートで一人ずつ抜く作戦。5人ほど抜いたと思うが、襷受け渡し地点に着いた時には、すでに繰り上げスタートで襷を渡す相手はいなかった。それでも32分のタイムで2週間前の思想の時よりも13分も速く、満足の走りであった。終わったあと、懇親会で大いに語り、美味しいビールを飲むことが出来た。オクトーバーランでの走り込みのお陰である。

奥多摩駅伝

二人の思いが叶ったレース結果

24日の「第31回JBMA神宮外苑ロードレース」にハマコウさんの伴走で走りました。走る前、「10キロ、50分を切りたい」と彼が言いましたので、私も走り込んでその気持ちで臨みました。国立競技場で彼と待ち合わせ、最後の確認をしたところ「50分台で頑張りたい!」とのこと。当初の目標と若干異なりましたが、いずれにしても積極的に走ろうとスタート場所で号砲を待ちました。そしてスタート、グランドをほぼ1周して神宮外苑に出て行きました。今回は1周2.5キロもコースを4回、回ってゴールです。伴走しているハマコイさんの息遣いを感じながら、2周目を終わった時点で26分ほど。「ゴールは55分台になるかな?」と思いながら後半に臨みました。この頃になると1周遅れの仲間とすれ違うようになり、声をかけながら、抜いていきました。ハマコウさんもしっかりストライドを伸ばして走っています。そして最後は国立競技場のゲートをくぐり、ゴールまでの直線、残りの力を出し切って駆け抜けました。結果は50分1秒。目標の50分台でした。第1レースでの視覚障害者の年代別で優勝のおまけまで付きました。「ハマコウさん、気持ちの良い伴走をさせていただき有難うございました!」

以上

記録表

奥多摩駅伝の試走

ひょんなところから走ることになった「奥多摩駅伝」。私の担当は「古里駅付近」から「奥多摩駅前」までの6.6キロです。あと10日後なので、一度、コースの下見をと、家を8時に出て、「古里駅」まで青梅線で行きました。今日も快晴で車窓からも奥多摩の山々の紅葉が望めました。第3区の襷受け渡し場所と思われる場所からリックに服を入れて走り始めた。勿論、本番を見越して「本気モード」である。試走コース
上って、下ってを繰り返すと最初のトンネルに差し掛かる。それを越えると長い下りがある。「嬉しい!」。しかしこのコース基本は上りである。鳩の巣駅を通って、3ツ目の新氷川トンネル(660m)まで上りが続く。この長いトンネルを出ると、奥多摩駅までは近い。左に曲がって上ったところに「奥多摩駅」があった。時計を見ると、ここまでの時間、45分30秒であった。キロ、6.9分であった。ちょっとかかりすぎかな?本番ではこのタイムよりは少しでも速く走りたいものである。帰りは同じコースをゆっくり古里駅まで走った。鳩の巣駅の近くの喫茶店で美味しいコーヒーを頂いたが、こんなひと時を過ごせる幸せを感じている
喫茶店

第1回競馬RUN in 大井競馬場

本日、「第1回競馬RUN in 大井競馬場」というレースに参加してきました。なんと走る場所は競馬場の馬塲です。1周。1.4キロをタスキをつないでフルの距離を走るのですが、バンバンクラブの仲間、10組いますので、3回このコースを走ることになります。最初、視覚障害者のOさんの伴走で走ったのですが、砂で足を取られ、最初から飛ばしたので、1周した時は精根尽き果て、倒れ込みました。しかし2.3回目は単独で走ったので、そんなに疲れずにタスキを渡せました。結果は190位ということですが、何頭出馬したのでしょうか?表彰状には書かれていませんでした。楽しかったです

大井競馬場
表彰状

オクラン、個人総合1位になりました!

朝、ネットでオクランの結果を見ました。チーム「伴伴修行僧」はダントツの1位。そして個人総合を見たら、私のニックネーム「まっち」が1538キロで2位との差、53キロで個人総合1位になりました。昨年が1653キロで1位に引き続き、連覇を果たしました。この1ヶ月、55キロから48キロまで痩せ、女房から「80歳の老人に見えた」と言わしめるほど顔もげっそり痩せましたが、これから元に戻していきたいと思います。最後の1週間は平均70キロは走ったり、歩いたりして逃げ切りを計り、最終は1500キロの勝負になると予想していましたが、その通りになりました。来年はもう卒業したいですね。ただ、人から頼られ、それに向かって頑張れた、この1ヶ月は自分の財産になりました。


最後の2日間の走り
オクラン最終日

本日でオクラン終了!

残すところ本日限りである。現在、総合で1位である。1467.75kmで最終的には1500キロを越えたところが勝負である。昨年は1653キロで一昨年は1488キロ。今回の記録は私のオクランのベスト2位になる。これだけ走れたのも、「伴伴修行僧」という7年連続チーム総合1位のチームで今年は走って欲しいとの依頼を受けたことが大きい。プレッシャーもあるが、受けたからには実績を残さねばと、前半は毎日、40キロを中盤では50キロ、後半では60キロとその走行距離を上げて、気がついたら総合でトップに立っていた。今日は特に用事はない。淡々とこの1ヶ月を振り返りながら、「19キロロングコース」を走ってみたい。明日の結果が楽しみである

何回こも横を走ったことか!
かぼくえん

オクラン、あと5日

今日は日曜日、快晴である。オクランの総合個人の2位である。1位との差は28キロで射程圏内である。相手も譲れない、残り5日間である。昨年、1653キロで1位になったが、今年はそこまで走れない。最後は1500キロ台の勝負になると思う。私は本日、勝負に出た。それが写真にある「4本勝負に挑戦」である。今まで3本勝負は何回か行った。19キロロングランの4本勝負は初めてである。そこへの挑戦が、ここが勝負と見たからである。追いついて一気に抜き去る。これが鉄則である。それでも最終的に追いつかれたら「仕方がない」潔く負けを認めよう!
本日の結果は? 勿論、やり遂げました。

挑戦

頑張ったね!みのりちゃん

降りしきる雨の中、タートルマラソンの5キロの部、中王子みのりさんの伴歩で歩み始めた瞬間、私の右腕を掴んだ彼女の強い力に、一緒に倒れそうになりました。そして一歩、一歩前に進む歩みは、昭和記念公園での第1回ふれあいマラソンで5キロを完走した時とは全く違っていました。しかし違っていない、むしろ強い意思を感じたのは、彼女の歩きたいという気迫が、雨の中で伝わってきたことです。正に「タートル」マラソンでしたね。後ろから途中で歩けなくなった場合にとホコリンが車椅子を濡れないように押してきてくれました。沿道の方々から大きな拍手をもらいながら、彼女の一歩、一歩は続きました。冷たい雨が体温を奪う中、みのりちゃんが「車椅子を」と小さな声で言われて、今年の彼女のタートルマラソンのレースは終わりました。「この雨が無かったら、もっと歩きたかったろうに」伴歩する我々を気遣ってのリタイヤだったと思います。ゴールに戻っての障害者用テントの中での熱いコーヒーにようやく寒さから解放されました。エイドで準備されていたバンバン、アキレスの皆さま、本当に有難うございました。ホコリンと一緒に東京駅新幹線ホームまでみのりちゃんを送って帰宅しました。
「みのりちゃん!来年もチャレンジしましょう!今日よりもう少し先まで歩きましょう!」

以上

みのりさん
minoricyann.jpg

オクラン決意!

伴伴修行僧の昨日の平均走行距離は529キロ、2位は558キロ 差は11キロ。昨年は800キロほどで1位になったとか。現在、私は 684.58km である。Yさんはマイペースの34キロ。Mさんは20キロペース。本来、1位を走るのなら、平均で40キロを超えないと難しい。正直、毎日 40キロを維持するのは大変である。しかし、仕事で忙しい人に強制することは出来ない。その分、走れる人が走るのは仲間の義務である。明日から。自分も忙しい時は30キロを割る時もあろうが、走れるときは40、50キロを目指して走ろう。あと2週間の辛抱である。そして「全国1位」を達成しよう。明日は金曜日、走れる日、 まず朝6時から 19キロコース
11時頃から19キロコース、 そして3時半ごろから、最後の19キロコース締めて、57キロ えーい! 60キロにしてしまおう!→本日、これやり遂げました。64.3キロです。(有言実行

東京夢舞マラソンに参加

この日の私の走りの格好は「カルパック」というキルギスの伝統の帽子とチョッキ。そしておもちゃのコムスを持ちながらである。少しでも目立ってキルギスのPRになればと思った。キルギスから招待されたイバラットさん、仲間のアセーリカザフのアセーリと一緒にキルギスの国旗をもって国立競技場のグランドを回って外に出た。第一コーナでは国士舘大学の留学生が民族の踊りを披露してくれた。いろいろあったが、最後は何とかやるキリギスらしさが今回もあった。私はオクトーバランもありフルを走りたかったので、途中、彼女たちが走れなくなった時に35キロ地点で待ち合わせることで、走り通した。気持ち良い風の吹く中、楽しく走れました

東京夢舞マラソン

オクトーバーマラソン3日目

オクランが始まって3日目を迎えました。この2日間の走行距離は97キロで全国5位です。「伴伴修行僧」としては全国2位です。1位のチームは4人で構成。強いメンバーが揃っているようですね。オクランには「マイページ」というのがあり、下記のように日記を書きます
・・・・・・・・・・・・・・・
朝、4時半に起き、5時から公園に、走ることはできず、足の痛みに耐えながら「ウォーク」で6周しました。
その後、豆の血を抜きなどして、少し走る感じで10時過ぎに家を出て、山の方を走り、1時半過ぎには、戻ってきました。何とか痛いなりに走れました。5時半からまた公園で8時半までゆっくり走りました。足がパンパンになりました。辛いからと休むと、このレース、生き残れません。「理してでも走る」そして故障しないように!である。
道端で撮った「コスモスと蝶」とこれから写真も載せるようにしたいですね。

花と蝶
.
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター