FC2ブログ

グルムさんコンサートへの寄付金、徐々に集まる。

今、毎日の日課は郵便局に行くことである。「キヤルキキン」の通帳を記入すると、印字の音が「ジー」「ジー」と2回来ると、寄付者が2名と分かる。本日も、通帳記入をすると「ジー」と1回なって、通帳が吐き出されてきた。メールでの払い込まれた通知が昨日、なかったので、「どなたからか?」と思って通帳をのぞくと、そこにはAさんの名前が有り、金額は2万円と印字されていました。Aさんは、これまでグルムさんのコンサートには何度か顔を出している視覚障害者の方です。本当に嬉しかったです。それ以外にも、Kさんという私の学生時代の点字サークルで一緒だった方からも1万円の寄付があり、気持ちを引き締めました。1万円以上の寄付者には「フェルトのバック」を送ることを手紙に書いておいたので、明日、早速、郵送します。寄付金の目標額、10万円。達成できるか?

8月花1


スポンサーサイト

「在留資格認定証明書」をキルギスに!

続きを読む »

寄付金が届く!

寄付金のお願いの手紙を105通、発送して4日が経過して、何人かの方から寄付金が「キヤルキキン」のゆうちょ銀行の口座に振り込まれるようになった。その中で、添付のような、達筆なお手紙と寄付金が送られてきた。
その返信を下記、書いた。
・・・・・・・・・
本日、白石様からの、達筆な毛筆で書かれたお手紙と寄付金を頂きました。本当に有難うございます。大切に使わせてもらいます。そして、白石様が私に対して書いていただいたお手紙の文面に、恐縮しています。この支援を続けていますと、必ずしも良いことばかりではなく思案することも多いですが、グルムさんと言う全盲の歌姫と出会い、彼女の頑張りが、日本とキルギスの架け橋になっていることを実感すると、なかなか支援を止めることが出来ません。
「相手の喜びは自分の喜び、とことんやることで相手の信頼を得る」が私の信条です。

白石様手紙

寄付金のお願い

本日、アキレス伴走練習会に参加し、開始時の「連絡事項」の中で「今年もキルギス然も歌手グルムさんのコンサートを開催します」と切だし、9月24日のグルムさんの川崎市国際交流センターでのコンサートに是非、来てほしいと話しました。そして「50万円程、いろいろかかりますので寄付金もお願いしています」と付け加えました。お金のことは余り言いたくなかったが、話をしたら「帰ってから、伴走MLにグルムさんのコンサートのこと、寄付金のお願いを投稿しよう」と決意。実行に移しました。

練習会でお願い

グルムさんのコンサートのフェースブック

「アジアの障害児・者を応援するページ」はグルムさんのコンサートをPRするために3年前に作ったフェースブック。この「いいね」の和は250人。このフェースブックに記事をアップするたびに250人にメールが飛び、そのメールから、このフェースブックをアクセスするとリーチカウンターがアップする。今回、「広告」を2000円ほど出して、多くの方にこのフェースブックを見て貰おうとした。その結果が、現時点で1772のリーチ数が出た。この数が本当なら嬉しい

リーチ数

グルムさんを支援する会での打ち合わせ

本日、10日、大塚駅近くの事務所の会議室で「チームG」の打ち合わせを行った。打ち合わせの目的は、来る9月20日~27日までのグルムさんのコンサートの具体的な運営に関して進捗状況。問題点を洗い出すことであった。二日前に「興行ビザ」の申請が通ったことが、まずもって、皆の気持ちが一本になって「いかに素晴らしいコンサートにするか」のアイデアを出し合った。玉村町文化センターでのコンサートはNさんが責任を持ってスケジュールを立てていたので川崎市国際交流センターでのコンサートのスケジュールをどうするかを話し合った。

直竹川
直竹川

寄付金のお願い

グルムさんの日本来日コンサートで「寄付金のお願い」を最初は行わない予定であったが、グルムさんとナルギザさん、二人の往復航空券費用が30万円近くになったこと。「興行ビザ」申請で10万円出費が有ったこと。大きな二つのコンサートを「入場無料」としたことで、総支出が50万円以上がかかることが分かったので、「寄付金のお願い」を行うことを決断した。その為の準備をしてきたが、昨日、「興行ビザ」取得が可能になったことで、急きょ、ピッチを上げて、その手紙作成、発送作業を行った。寄付金を集めてグルムさんのコンサートを行うのは、これで2回目になる。果たして何人の方から寄付金が届くか?そして1万円以上の寄付金に対して「フェルトのハンドバック」贈呈を書いたが何人に送ることになるか? 期待と不安を持って、寄付金の目標金額を10万円に設定した。

寄付金のお願い

待ちに待った朗報が届く!

8月8日、9月のグルムさんを招いての「日本キルギス友好コンサート」開催の為に申請していた「興行ビザ」の申請がおりたことを、申請の代行を依頼した大和行政書士事務所のO氏よりメールが届いた。メールを見た時、思わず手を叩いた!
 「やったー!」 。7月25日に入国管理局に申請書類を届け、何と最短の2週間で許可がおりた。「興行ビザ申請は時間がかかる、3カ月かかることもある」と言う方もいた。この最短で許可が下りた理由は、ビザ申請のプロである行政書士事務所に申請を依頼したことである。「興行ビザ申請」は私にとって初めての経験で、グルムさん来日まで1ヶ月半ほどしか残っていなかったので、この道のプロにお願いしたことが良かった。しかし、この2週間、「申請が通らなかったらどうしたら良いか?」と不安な気持ちで過ごしてきた。本日をもって、気持ちを切り替え、7月21日からのコンサート成功の為に、キルギスのグルムさんと綿密に連絡を取って、調整して行きたい。そして50万円以上の支出をどう埋め合わせるかを考えて行きたい!

玉村文化センターでのコンサートチラシ
玉村文化センターチラシ

二つの助成金が振り込まれた!

「キヤル基金」の通帳の記入を行った。印字が無いと思っていたら、2回、印字が有った。見てみると、MRAハウスからの10万円。「ありがとう こだま基金」からの20万円の入金が確認できた。 「やったー!」。MRAハウスは、9月のグルムさんの来日公演に対しての支援。「ありがとう こだま基金」はキルギスへの点字ディスプレイ贈呈の為の支援である。早速、これらの助成金の対応を行っていきたい。いずれもキルギスの支援での助成金である。

かずら

今週、興行ビザの申請の許可がおりるか?

今年秋のグルムさんの来日公演に対して「興行ビザ」での申請を7月25日に申請を入国管理局に行った。
明日で2週間が経つ。この間、申請代行を依頼した「大和行政書士事務所」からは何の連絡もない。追加資料とか、申請資料の不備の指摘も今の所ない。私は、「興行ビザが通る」と信じて、コンサートの参加予約を受け付けて、川崎市国際交流センターでのコンサートでは、39名の予約を既に受け付けている。グルムさん達の往復の航空チケットも購入済みである。昨日は、群馬の玉村文化センターでの開催責任者のNさんから、当日のパンフレットに載せる、キルギス共和国大使の「あいさつ」文の依頼があった。しかし、「興行ビザ申請が通った!」という報がまだないのは、何とも歯がゆい。焦っても仕方がない。ただ待つのみ。

7月花7

帰国報告会への発表者募集

毎年、春、秋のJICAのボランティア募集があります。今年も10月に行われるとのことで,その時期に合わせて、「帰国報告会」をJICAとの共催で行っている。JICAにこの6カ月に帰国された、関東地区出身の方の名簿を頂いたところ、18名が該当することが分かった。その方々に、「帰国報告会」での発表者を募集することを依頼されて、その準備を行っている。このイベントはこれからJICAシニア海外ボランティアに挑戦しようとされる方、一般市民の方にも来ていただき、開催されます。私も2年間のキルギスでの視覚障害者支援を終えて、帰国した後、この「帰国報告会」に発表者として参加しました。多くの方の参加を望みます。

7月花6

和太鼓コンサートに行ってきました。

グルムさんの川崎市国際交流センターでの主催者の山本様からチケットを購入し本日、和太鼓コンサートに行ってきました。良かったのは第2部の「祭りだ 太鼓だ ひびけ 広がれ」平間わんぱく少年団のメンバーによる、各県の伝承の林、太鼓のオンパレードである。その中で新崎樽ばやし は圧巻であった。樽をバチでたたくのであるが、太鼓と違った軽妙なリズムは思わず拍手をしてしまう。その中で山本様は太鼓、鐘などをたたきながら全体をリードさえていた。舞台に小さい子供から高校生まで、一生懸命だ!そしてフィナーレで山本様の舞台挨拶。「これまで40年、いろいろあったが、続けることが重要である」との言葉に、山本様のこの太鼓グループに対する情熱を感じた。

樽太鼓

清里でゴルフ!

毎年、この時期に大学時代の4年先輩のEさんの別荘でゴルを二日目に行う恒例の集まりがある。都会の猛暑から逃れて、行ったのであるが、昼間は清里も「暑い!」しかし、朝夕は過ごしやすく、緑に囲まれた別天地といったところである。ゴルフは大たたきで、恥ずかしくて書けないが、同期と回り、しっかり焼けて、楽しかった。来年も、同じメンバーが集まれるか?私もキルギスに行くことがなければ、また来たいと思う。3日間でメールは一杯溜まり、これからやらなければいけないことは山積しているが、頑張りたい。

清里2018

伴走仲間がクラウドファンディング挑戦

視覚障害者のビーチさん「現在私はパラクライミングの日本代表として活動しており、今年9月にオーストリアにて開催される世界選手権に出場します。そこで大会参加の渡航費用を募るためのクラウドファンデイングを以下の通り開設たしました。」とアナウンスがあり、3年前、私もREADYFOREでキルギス全盲歌手グルムさんの日本でのコンサート開催で、目標額100万円で資金を集めたことがありましたので早速、下記URLを覗いてみました。
https://camp-fire.jp/projects/view/78239
ビーチさんはCAMPFIRE(キャンファイヤ)というクラウドファンディングに応募し、現在、目標100万円に対して45万9500円、残り31日です。クラウドファンディングでは募集期間中に目標額に達した場合のみ、手数料(12%)を取られて獲得した支援金額を手に出来ます。現在の達成金額は、もっと多くの方が支援しなければ、達成は難しいでしょう。
ビーチさんは視覚障害者のB2に部門で日本代表に選ばれています。しかし遠征費用は自分で集めなければいけません。ビーチさんの夢を叶えて差し上げたいです。

ビーチさん

ゴルフの練習

明日から3日間(8月1日~3日)、清里にあるE先輩の別荘に泊まり、2日目はゴルフというスケジュールでリフレッシュしてきます。一緒に行く仲間は7人です。恒例の夏のイベントです。この仲間は東京電機大学のバドミントン部の先輩3人と同期3人のメンバーです。大学を卒業して45年になりますが、今はゴルフを通して年に2~3回集まっています。さて私はいつも140とか大たたきをするヘボプレイヤーですが、この集まりを楽しみにしています。ということで、本日、打ちっぱなしで100球ほど近くの打ちっぱなしで打ってきた。参加することに意義有りです

ゴルフ打ちっぱなし
ゴルフ練習



東京マラソンの代理エントリー

キルギスに行く2011年の前から、東京マラソンの代理エントリーを伴走仲間の中でやっていた。その理由は、視覚障碍者にとって「インターネットによるエントリーが難しい」と感じたからである。しかしJICAでキルギスに派遣されている間、あゆさんが代わりにやってくれていた。2013年に帰国してから、この4年ほど、また「代理エントリー」を伴走MLに書き込むことで続けてきた。依頼してくる視覚障害者は15人程。時々、健常者も交じっているが、エントリーの操作は数分の入力作業で苦にならない。それよりも私がエントリーの代行することで、エントリーが出来、走れるチャンスを与えることが出来る喜びが大きい。フルは競争率、10倍以上で、15人ものエントリー後、合格するのは1~2名ではある。そんな私自身がエントリーしているかというと、もうしていない。何度かトライしたこともあるが、当たったためしがない。

7月花4

アキレス伴走練習会に参加

台風が去って、予定していた高尾山への同行支援がキャンセルになったので、急きょ、代々木公園での伴走練習会に参加することにした。代々木公園に到着すると、既にミーティングが始まっていて、Nさんから「ハマコウさんの伴走をしてくれない?」とのオファーがあった。参加者は80名程。台風が去って、時折雨がぱらつく中、2.2キロのオリンピックコースをハマコウさんの伴走で6周した。この日、青空懇親会が練習の後にあり、これも参加した後、ハマコウさん達と上野駅前のアートスポーツに。その後は、写真にあるように飲み会に移行。最後はハマコウさんを上野駅の出発ホームに見送った。久しぶりに伴走仲間と交流できた1日でした。

向かって右から2人目が私
アキレス仲間

台風12号が接近!

土曜日の午後から関東地方にも台風が接近するとのことで、のきなみイベントが中止になっている。また私のヘルパーの仕事も、土日はキャンセルが相次ぎました。家で机に座ってパソコンを操作しているが、眠気が襲い、集中できないので、小雨の降る中、河辺駅前の青梅市中央図書館に行くことにした。と言う訳でこのブログを到着早々、書き始めている。この1年間、月の投稿回数は15を越えることは余なく、久しぶりに20を越えようとこの1週間、頑張っている。
今月、一番集中したことは「グルムさん来日に向けての興行ビザ取得の申請」であった。そして結果はまだ分からないが、行政書士事務所の力を借りて、申請を完了した。「その気になれば、何とかなる」である。

毎朝、利用者と散歩する公園のスケッチ
根がらみ坂公演

点字ディスプレイをキルギスに!

キルギスのグルナスさんに下記メールを送りました。
お元気ですか?
ビシュケク 盲学校にこれまで拡大読書器を2台、プレゼントしました。実は「視覚障害」という月刊誌の4,5月号に「キルギスの視覚障害者への支援」という私の記事が載りました。ある宗教団体の点字図書館のI館長が、私の「盲ろう者支援」の記事に出てくるスベータさんへの「点字ディスプレイ」の贈呈に感動したと言ってきました。彼は、同じ点字ディスプレイをキルギスにプレゼントしたいので、この団体の助成金に応募しないかと私にアドバイスしました。私は、この申し出に応じて、助成金申請をしたところ。この度、20万円の助成金を頂けることになりました。申請では「盲学校へ点字ディスプレイを寄贈したい」と書きましたが私は「点字ディスプレイ」が盲学校のコンピュータールームに1~2台あるのを見ています。貴方が「キルギス盲人連盟」で、この「点字ディスプレイ」を必要としているか?聞きたいです。もし欲しいと言うことでしたら、貴方の団体に寄贈したいです。

点字ディスプレイ


女房から誕生日プレゼント!

7月25日、私の69歳の誕生日に女房から「2枚のTシャツ」のプレゼント。私は結婚記念日と女房の誕生日には、この42年間、続けてきたが、私が外でだらしない格好をしては困るということだろ、有難く受け取った。日頃、家の事は殆どせずに外を飛び回っている私だが、これからは、時間の空いた時には家の事を少しでもやっていきたい。

誕生日プレゼント
誕生日プレゼント69歳
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター