FC2ブログ

子ども用車椅子をキルギスに送る件

本件を具体的に進めるためには、キルギスの肢体不自由者の団体のカリック会長と直接話し合う必要があると思い、間に入ってくれているグルナスさんに下記メールを送った。
・・・・・・・・・・・・・・・
カリック会長と連絡が取れるメールアドレスを教えて下さい。(団体のメールアドレスでも構いません)
今回の子供用車椅子を日本から送る話は、在日キルギス大使館、外務省などと調整しながら進める必要があります。場合によっては、我々からキルギス大統領に無料で車椅子を送る嘆願書を書かなければいけないかもしれません。
まずはカリックさんが、この子供用車椅子を送る話を望んでいるのかを知りたいです。もし望んでいるのなら、日本のNPO法人「海外に子ども用車椅子を送る会」への「要望書」を書いていただき、私に送ってほしいです。
またカリックさんの肢体不自由の団体のHPのアドレスを教えてください。ロシア語でも構いません。団体の情報を早く知りたいです。


5月の花13


・・・・・・・・・・・

SV会の活動

SV会(シニアボランティア経験を活かす会)で現在、副理事長ということで、この2年間、その前の理事の2年間とは、会への活動への取り組みはより積極的に関わってきた。JICA横浜での定例会にも毎回参加し、様々な活動にもほとんど顔を出してきた。その結果、会の問題点も見えてきて、それを解決しようと自ら動くことも心掛けてきた。5月の総会で新しい役員人事が行われるが、その中で自分としては今までと変わらずこの会を支えて行こうと思う。そんな魅力的な会がSV会である。この2か月、私は①新会員へ配布する「会員の手引き」の改訂版の作成 ②会員への「アンケート」実施の推進 などを行ってきた。そして本日、その2つを会員に対して実施した。最後までやり遂げる

5月の花12

車椅子をキルギスに!その後

今回のキルギスに子ども用車椅子を送りたいという話をキルギスのグルナスさんにカリック会長に伝えてもらうようにお願いしたところ、早速コンタクトしてくれて、カリックさんからの質問が3つ来た。①1 How many wheelchairs ? ② are they new or used one? ③ are they all for children? 何台送れるのか?中古なのか新品なのか? 子供用だけか? 当然の質問である。これを「海外に子ども用車椅子を送る会」のMさんに送ったところ、直ぐに回答が来た。そしてその回答を英語に翻訳してグルナスさんに送った。この車椅子を送る話は「運送費をタダで、無関税で送ること」が実現できなければ先に進まない。知恵を絞りたい

4月の花9


キルギスに子供用車いすを!

昨日のブログに「③車椅子支援(カリック会長)」と書いて、インターネットで「中古車椅子を海外に送る」と検索したら、NPO法人「海外に子ども用車椅子を送る会」がヒットした。その中で「問い合わせ」が出来たのでメールで、自己紹介とキルギスに車椅子を送りたいと書いて送ったところ、その団体の責任者の方からメールが届いた。
・・・・・・・
ご連絡をいただきありがとうございます。
今まで、キルギスには車椅子をお届けしたことはございませんが、飛行機便で手荷物として輸送していただくことが可能であれば、当会としてはいつでも整備を済ませた車いすをお渡しできます。 詳細については、ご連絡をいたします。輸送方法が壁となっており資金面からもかなり難易度が高い国です。先日もモンゴルに飛行機で運んだ事例もございますが。いずれにしましてもご一報いたします。
・・・・・・・・・・・・・・
そして私の電話番号もお知らせしたところ、本日、責任者の方から電話があった。いろいろお話をさせて頂き、何とかキルギスに
車椅子を送りたいという夢実現に向け動くことにした。カリック会長に恩返しをしたい。


4月の花12

キルギス障害者支援の助成金申請案

2019年度の「キヤル基金」での助成金申請を下記、考えている。
①森村豊明会:白杖購入:50本 点字器 100台 パソコン 2台 /総計50万円 5月~7月 ②ありがとうこだま基金(5月~6月)/MRAハウス(12月)
キルギス障害児・者支援の対象として
①歩行器 3万円x10台:30万円 (肢体不自由児):クリーチさん ②聴覚障害児支援 リタさんにどのようなニーズと支援が必要か聞く ③車椅子支援(カリック会長):中古の車椅子を集めてキルギスに送る
ハードルは高いと思うが、この為の 「汗」をかきたい


4月の花5

続きを読む »

キルギス盲人連盟への支援

4月25日までに「キルギス盲人連盟」の代表、グルナスさんが5万ユーロを集めて、その倍の10万ユーロを欧州銀行(EBRD)からもらう計画で、下記メールを4月12日に送った。
・・・・・・・・・・・・
EBRDへのお金が38,134ユーロ集まったと聞きました。もし、4月25日の日までに40,000ユーロしか集まらない時に、貴方は80000ユーロをEBRDからもらえるのでしょうか?それとも50,000ユーロにならなかった場合は、お金は貰えないのでしょうか?現在、キヤル基金のお金はほとんどありません。もし私がお金を送るとなると、私の個人のお金をキヤル基金を通して送るだけです。
・・・・・・・・・・・・・・・
このメールに対してグルナスさんからメール「Yes, if we will collect €40,000 EBRD will give 40,000 and we will have a 80 thousand euros」・・・・・・・・・目標額に達しなくても、達したお金の2倍がもらえることが分かった。今回、5月のキルギス国際マラソンに参加しないことを決めたので、その費用にプラスした1500ドルを彼らに送ることにした。これは私の2か月分のヘルパー収入である。


4月の花11

学校通信文の翻訳のコーディネート

シニアボランティア経験を活かす会では、活動の大きな柱に新宿区翻訳事業がある。新宿区の5つの小学校、幼稚園が保護者に出す通信文の翻訳で私の担当は>韓国語とスペイン語である。他の会員は英語、フランス語、中国語、タガログ語、ベトナム語、タイ語、ミャンマー語と実に9か国語の翻訳のコーディネートを行っている。翻訳は在日の留学生さんたちである。A4,1枚2000円と一般の翻訳からすると非常に安いお金で請け負っていただいている。コーディネータは5人。全体をK氏が管理している。もう10年以上、やっておりその苦労は大変なものだと思うが、今回、やり始めて感じるのは、日本に労働者として来日する外国の家族が、子供の成長を、この通信文を通して知ることができることである。責任重大である。ポカをしないように頑張りたい。


4月の花6

キルギスの視覚障害者たち

キルギスの「キルギス盲人連盟」のグルナスさんからメールが届いた。今、5万ユーロを欧州銀行に預けると、その倍の10万ユーロがもらえるという。既に3万8千ユーロを集め、残り1万2千ユーロ集めることで頑張っているとのこと。日本円で150万円である。何とかこのお金を支援してあげたいが、私にそのお金はない。キルギスで起こしている裁判で、我々が勝訴すれば、その何倍ものお金が戻ってくるが、それがいつになるか分からない。そんな状況でのグルナスさんのメールの一部が下記である。
・・・・・・・・・・・・・・
今年も国際イシククルマラソン大会に参加することを計画しています。私達はおよそ20人の盲人と参加します、彼ら全員は私達の訓練の卒業生です。私たちはこれから数年間のための非常に多くの素晴らしく刺激的な計画を持っています!望みでは神と私たちの良い友達の助けを借りて、彼ら全員が来るでしょう。本当です。 グルナスより


4月の花7

風邪ぎみで走れず。

6日、土曜日、久しぶりにバンバンの練習会で代々木公園に朝、向かった。前日に静岡で「ゴルフ」を大学バドミントンの仲間と行い、疲れていたこともあったのか、「キヌ」さんという視覚障碍者の方の伴走をしたのであるが、1周するのも、息が上がって、途中で歩く始末。この1週間、花粉症もあり、風邪気味で、時々せき込むこともあったが、無理をひて走るのを止め、途中から伴走者を「ごっちゃん」に代わってもらった。自分でも初めての経験で、体力の衰を今回も感じた次第である。

5月の花14

木曜会の議題への対応

本日、木曜会がJICA東京である。司会は東京担当の私であるが、その議題の中で6つの議題の説明者になっている。できれば、多くの担当者に説明して欲しいが、「>いいだーしっぺ」がまずは取りまとめることで、手を挙げて問題提起してきた。①授業提案書更新の件 ②帰国オリエンテーション実施の件 ③最近の出前講座の件 ④お花見実施報告 ⑤アンケート実施の件 ⑥新入会員への手引きの更新及び今後の対応 以上である。一つ一つ結果を出して行く。


5月の花15

新元号は「令和」

4月1日、新元号の発表があった。「令和」である。「令」の字が入ってくることは思っていなかったので、斬新な感じがする。万葉集の中からこの2字を採用したとのこと。新たな年号で気分も一掃して頑張りたい。今週はJICA東京での木曜会、次は電大バドのOBゴルフ大会と忙しい。気を引き締めて臨む。

5月の花16

キルギスの二人のシリン

本日、国際視覚障害者援護協会にて、この時期、恒例の留学生の卒業、入学のお祝い会が行われた。午前中は代々木公園で伴走の練習に参加し、早めに切り上げて、巣鴨に向かった。二人のシリンさん。妹シリンさんは、つくば盲学校を卒業して、今後は京都の学校で勉強して、来年の鍼の国家資格取得に向けて頑張ります。もう一人のシリンさんは、3日前に来日し、これから筑波技術大学院の1年生として頑張ります。本日は、来ませんでしたが、アクモールさんは筑波技術大学の2年生に進学しますので、キルギスの3人娘がこれから日本で一緒に勉学に勤しむことになった。日本語は問題ないが、いろいろな相談事など、可能な限り聞いてあげたい。


二人のシリン

SV会のお花見、今年は「清澄公園」で

3月29日(金)。SV会の「お花見」が清澄公園で開催されました。参加者は何と15名も集まりました。11時に清澄白河駅のA3出口の前に集合。揃って、深川にある名所を巡りながら「清澄庭園」に入り、中を散策。桜はほとんどありませんでした。途中でビール、ワイン、日本酒、おつまみを買い、いよいよ花見の場所「清澄公園」に。桜は満開でしたが、曇りの中、殆ど人がいなく、それでもブルーシートが一つ、20人位の方が花見をしておりました。その隣に私が持参したブルーシートを敷いて、「花見」に突入しました。新しい方、久しぶりの方もいて自己紹介。近況報告などをして、盛り上がりました。今回のお花見、石村会員が計画してくれました。感謝、感謝です。


お花見清澄公園

井の頭恩賜公園での花見

ヘルパーの仕事で「井の頭恩賜公園」に花見で行った。平日にもかかわらず沢山の人出で賑わっていた。一緒に行ったのは聖明園のOさんご夫妻。いつも仲の良いお二人です。花見は満開の桜の中で行われ、井の頭公園でのスナップ写真を撮りながら、お団子を食べたり、昼食もご馳走になった。そのお礼に撮った写真を額に入れて送ることにした。また一緒に都内を散策したい。

井の頭公園花見

羽村市役所訪問

本日、テイチク歌手Mさんと羽村市役所に出向いた。目的は8月中旬に開催される、キルギス全盲歌手とMさんとの日本とキルギス友好コンサートの打ち合わせである。今回のコンサートは羽村市が主催のため、これまでの「キヤル基金」とは異なる。ただ前回の来日から「就業ビザ」での日本訪問となったが、今回も同様であるために、その申請の手助けとなる資料の説明をさせて頂いた。このコンサートが成功裏に終わるよう、私も全面的に支援をする。

3月の花27

航空公園での伴走

本日は久しぶりに航空公園での伴走に出かけた。前からの約束でKさんと航空公園駅で待ち合わせて集合場所に。ちょうど1か月ほど前に右足の脹脛の肉離れで長い距離を走ると痛みが出るので、心配しながら2.2キロのコースを4周、休みを入れてさらに3周と約16キロほど走ったところで伴走を代わった。ランパン、半袖Tシャツで走ったのであるが、途中から雪がぱらつく天気。寒かったです。走り終わって、右足の脹脛の痛みもなく、久しぶりに長く走りました。明日は代々木公園でのアキレスの練習会に出ます。この1か月、いろいろなことがあって忙しかったですが2日間の走りで、気分を切り替えようと思います。


3月の花28

サインを貰えますか?

本日、地元の都立青梅総合高等学校で出前授業を行った。9時から10時30分の90分の授業である。2度ほど自宅でリハーサルを行い出前授業に臨んだ。この学校は長女が24年前に卒業した高校でJICA東京から公募の案内が来た時、「是非、行いたい」と申し込んだ。今回の出前授業、1年生、236人と言うことで、久々に大勢の前での講演である。自己紹介から始まり、キルギスの紹介と、自分のボランティア活動紹介は4つほど用意していたのだが二つのボランティア活動(走ることで活動の輪を広げる、人との出会いで活動を広げる)が終わった時点で時計を見ると開始から85分。残り5分で慌ててまとめに入った。結局91分。予定の時間を1分過ぎたところで終了した。生徒さんも騒がずに熱心に聴いてくれてたようだ。終わって帰ろうとすると、「サインを貰えますか?」と紙とサインペンを差し出してきた。こんな体験、生まれて初めてで、紙に「松田信治 JICAシニア海外ボランティア 2019/09/22 頑張ってください!」と書いてあげた。ちょっと照れました


青梅総合高等学校

SV会の今後の役員人事

本日、JICA横浜に来期の役員人事をどうするか話し合いの場が設けられた。詳細を述べることは出来ないが、来期も私はいくつかのプロジェクトを受け持ち、役員の中に留まることで、何とか話し合いを終えた。集まったメンバーは、この会をより発展させることを切に思っている方々で、私もこれまでと同様に会の中で「調整役」を担い、会員が、この会の中で「生きがい、やりがい」を持てるように活動していきたい。


3月の花29






MRAハウス助成金

待ちに待ったMRAハウスの助成金の結果通知。本日、夕方、ポスト受けに届いていました。事前に電話で確認しいたとき、助成金は下りたことは確認していたのですが、「前回は10万円でしたね。今回は少しそれよりは多く」と言った感じの回答でしたので、それほど多くなはいかな?と思っていました。実は申請は65万円でしたので、少なくとも30万円以上は欲しいと思っていました。さて結果は!「15万円でした!」MRAハウス様、ありがとうございました!申請の1/5でしたので、このお金で申請した「白杖」「点字器」「パソコン」うち「白杖」を当初の100本を50本に削減して、16万5千円。1万7千円を「キヤル基金」から補助して購入することにした。来年は「20万円」を期待して。

MRA助成金2019



整理整頓その後

昨日、午前中はヘルパーの仕事でつぶれましたが、午後、課題の書斎の整理整頓に取り掛かりました。先ず、ホコリの多さに驚きました。不要なものと有用なものを種別し、不要なものをどんどん捨てること夜までかかってようやく9割ほど片づけました。残り1割は日曜日に空いた時間で行います。今回、整理整頓で、これまで探していたものが出てきたりして、これからまめに行おうと思った次第です。


3月の花20
プロフィール

matsushin3825

Author:matsushin3825
まっちのブログへようこそ!
・ニックネーム:まっち
・本名:松田信治
・居住地:青梅市
・誕生日:1949年7月25日

自己紹介
・JICAシニア海外ボランティア 平成22年3次隊
 (職種:視覚障がい者指導)
・派遣期間;2011年1月12日~2013年1月11日
・任地:キルギス共和国、ビシケク市
・配属先:視覚聴覚障がい者協会(NGO)
・家族:妻と長女、長男
・血液:O型
・職業:東芝で定年までコンピュータ関係の仕事に従事,(社福)国際視覚障害者援護協会にて3年間勤務,元JICAシニアボランティア
・所属:アキレストラッククラブ、バンバンクラブの伴走サークルに所属
・NPO法人、シニアボランティア経験を活かす 会員
・NPO法人、ホールファミリーケア協会、第37期傾聴ボランティア養成講座(25時間)修了者
・趣味:伴走、手話、傾聴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター